パーソナルカラーは年齢で変化する?どう対処すればいい?

公開日:2024/05/15

年齢による変化

パーソナルカラー診断は、自分の肌の傾向を知ることで似合うメイクやファッションを把握することができます。しかし、肌の様子は年齢を重ねると変化する場合がほとんどです。肌が変化すると、パーソナルカラーも変わるのでしょうか?パーソナルカラーが変化した際の対処法も合わせて紹介するので、参考にしてください。

パーソナルカラーが変わる要因

パーソナルカラーは年齢とともに変化する可能性がありますが、その変化は個々の要因によって異なります。一般的には、パーソナルカラーのシーズンは変わりません。なぜなら、パーソナルカラーは生まれ持った個人の肌のトーンや髪の色、目の色などに基づいて決定されるためです。

しかし、年齢とともに個人の髪の色や肌のトーンが変化することがあります。たとえば、髪が白くなることや、肌のトーンが暗くなることが挙げられます。このような変化がある場合、自分に合うシーズンの中の色みも微妙に変わる可能性があります。

そのため、色の明るさや強さを微妙に調節することがお勧めされます。パーソナルカラーが変わる要因はいくつか考えられます。主な要因は以下の4つです。

髪の色の変化

髪の色を変えたり、加齢によって髪がグレイヘアになるなど、髪の色の変化はパーソナルカラーに影響を与えます。この場合、髪色に合わせてメイクや洋服の色味を微調整する必要があります。

肌のトーンの変化

年齢とともに肌色のトーンが変わることがあります。また、シミやくすみが増えたりする場合もあります。これにより、配色に適した色を選び直す必要が生じることがあります。

目の色の変化

年齢によって目の色が変化することがあります。これにより、印象が変わり、配色に適した色も異なる可能性があります。

健康状態の変化

健康状態の変化もパーソナルカラーに影響を与える場合があります。不健康な食生活や睡眠不足は肌の色味や顔全体の印象に影響を与えるため、健康状態が変化すると配色を調整する必要があります。

これらの要因を考慮して、自分に合ったパーソナルカラーを見つけることが重要です。そのためには、定期的に自分の肌の状態や髪の色、目の色をチェックし、必要に応じて配色を調整することが大切です。

年齢に合わせた色の選び方とは

年齢に合わせた色の選び方について、重要なポイントを3つ紹介します。

明るさ・鮮やかさの調整

明るさと鮮やかさの調整が大切です。年齢を重ねるにつれて、服やアクセサリーの色合いを選ぶ際には、自分の肌のトーンや髪の色に合ったアイテムを選ぶことが重要です。明るい色のものが似合う方は、暗い色やくすんだ色を選んでしまうと、逆に年齢を高く見られる可能性があります。

一方で、鮮やかな色が似合う方も、その鮮やかさを保ちながらも適度なトーンを考慮することが大切です。自分に合った明るさや鮮やかさの色を選ぶことで、上品さや洗練された印象を与えることができます。

自分に合うトーンを選ぶ

次に、自分に合ったトーンの採用が重要です。年齢が上がるにつれて、落ち着いたトーンの色を取り入れることが好まれますが、同じ色でも個々の人によって似合うトーンは異なります。

黒やグレー、ネイビーブルー、白、ベージュなど、一般的に好まれる色でも、自分に合ったトーンを選ばないと印象が薄くなったり、元気がないように見えてしまうかもしれません。個人に合った適切なトーンを見つけることが重要です。

似合う色で品格を表現

最後に、似合う色で品格を表現することが重要です。年齢が上がると、それまでの経験や生き方が顔に現れます。その経験値を活かすためにも、似合う色の選択は重要です。自分に似合う色を選ぶことで、上品で大人の印象を作り出すことができます。

また、シーズンに合った配色方法を意識することで、さらに魅力的なスタイリングを実現することができます。

パーソナルカラー診断を再度受けるべき?

パーソナルカラーの再診断は、自身の変化や成長に合わせて魅力的なイメージを維持するために大切です。人は時間とともに変化し、それに伴って肌のトーンや髪の色、スタイルやファッションセンスも変わっていくものです。そのため、定期的なパーソナルカラーの再診断は自己の成長や変化に合わせた表現ができる上で重要です。

性質の変化に対応できる

肌のトーンや髪の色の変化に対応できるという点が挙げられます。年齢とともに髪の色や肌のトーンが変わることがありますが、その変化に合わせてパーソナルカラーを再診断することで、現在の自分により適した色を見つけることができます。

また、ヘアカラーやメイクにもパーソナルカラーを活かすことで、トータルでバランスの取れたスタイリングを実現できます。

新たなスタイルに対応できる

スタイルやファッションの変化に対応できる点があります。自己のスタイルやファッションセンスは時とともに変化しますが、その変化に合わせてパーソナルカラーを再診断することで、新たなトレンドやスタイルに合わせたカラーを取り入れることができます。このようにして、より魅力的なスタイリングを実現することができます。

今の自分に合った表現ができる

自己の成長や変化に合わせた表現ができるという点も重要です。成長した自分をより的確に表現するために、パーソナルカラーの再診断は有効です。自身の成長に合わせてアップデートされたパーソナルカラーを取り入れることで、新たな表現の幅を広げることができます。

自信・個性の向上につながる

最後に、自信と個性の向上につながるという点も大切です。自分に似合う色を身に着けることで、自己の魅力を最大限に引き出し、自信を持つことができます。パーソナルカラーの再診断によって、自身の個性をより際立たせることができるでしょう。

パーソナルカラーの再診断は、自己の変化や成長に合わせて、魅力的なイメージを維持するための重要なステップです。自身の魅力を最大限に引き出し、個性をより際立たせるために、定期的な再診断を行うことをお勧めします。

まとめ

年齢とともに肌や髪の色は変化しますが、パーソナルカラーは生まれ持った個人の特徴に基づいています。しかし、年齢による微妙な変化があることも事実です。肌や髪の変化に合わせてパーソナルカラーを微調整し、自己の魅力を最大限に引き出すことが大切です。定期的な再診断を通じて、自分に合った色を見つけ、自信と個性を表現しましょう。パーソナルカラーは変化しても大丈夫です。今の自分に合うスタイルは、必ずあります。

【大阪府】おすすめのパーソナルカラー診断サロン5選

イメージ1
2
3
4
5
会社名dojima美的空間ATTRACTYSUNDAYSmiraiベルビシュ
特徴経験豊富なスタイリストによるダブルチェックを実施!信頼性の高い診断が魅力一人ひとりの個性と魅力に特化した、自分だけのファッションスタイルを提供実績をもつ20代のカラーリストによって、生まれ変わった自分を発見できる!自分の「本当に似合う」を見つけ出してくれる自分のなりたいイメージに近づける方法をアドバイスしてくれる
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
【大阪府】パーソナルカラー診断サロン一覧